Carlos Mose worked as a guide at the Monument Valley Navajo Tribal Park, and was also an accomplished artist, musician and photographer. I also take photos for a living, but he had very insightful tips on how to take photos of the sunrise in the expanse of nature. I remember him telling me warmly, “you have a great eye.” It is almost a year since he has passed, and we were wondering what we could do as a tribute. We shared a love of nature, photography, and music with Carlos, and we felt guided to create music and video using the photographs we took at Monument Valley in November 2011, as well as use his powerful chanting and beating of the sacred buffalo drum. Listening back to his music numerous times, we can hear the voice of spirit, and Carlos’ soul. We humbly offer this piece in utmost respect. Ahe’hee!
モニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パークで働いていたカルロスモーズは、ガイドやエンターテイナーの顔以外にもフォトグラファーとしての腕がありました。私自身もお仕事でたまに雑誌の撮影をしますが、広大な自然での朝日を撮影するにあたって、彼からちょっとした撮影のテクニックを教えてもらいました。そして、彼は私に『いい目を持っているから大切にしな』という温かい言葉も残してくれました。もうすぐ1周忌を迎える彼に、私達ができること。それは『自然と写真と音楽が好き』という彼と私達の共通点を生かして、2011年の11月上旬に彼が案内してくれたモニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パーク内にて私達が撮影してきた数々の写真、彼のパワフルな歌声、そして聖なるバッファロードラムの音を映像という形に編集して公表し、『彼の足跡を残すこと』なのだと、まるで何かに導かれるように閃きました。この音源を繰り返し何度も聴いていると、ささやかだけど確かに聴こえてくるスピリットの声。それは、きっと『カルロスそのもの』の声なのではないでしょうか。敬意の念を込めて捧げます。Ahe’hee!